障害者の雇用

やる気のあるサラリーマン

障害者のための求人を出している企業は、けっこうあります。 国も障害者の求人に関しては色々と考えており、障害者の雇用の促進等に関する法律等を設けています。 この法律の趣旨に則って、障害者を雇う企業が増えているのです。 雇っている従業員の数によって、基本的にはそれに応じた障害者を雇わなければならないようになっています。 これには例外もあるのですが、たくさんの企業では法律に則って障害者を雇っているために、たくさんの求人が出されているのです。 インターネットで調べても、障害者の求人を出している企業がたくさんあることが分かります。 またそれらを支援する機関もたくさんあるのです。 ですから、それらのサイトを利用して就職活動をするのも良いと思います。

たくさんの企業には障害者雇用枠というのがあり、この雇用枠で雇われて働いている人もいます。 障害者雇用枠で働くことは、様々なメリットがあります。 仕事の内容もそれほど過度なことは要求されないですし、通院に関しても配慮してくれます。 ですから、働いていてそれほど支障があることはないと思います。 しかしデメリットの部分もあります。 普通に雇われている人に比べて、給料面や待遇面で差が出てしまう場合もあるのです。 つまり障害者雇用枠で雇われている場合は、給料が一般の人よりも安い場合も多々あるのです。 その平均的な給料の額は、企業によって様々なので一概に言うことができません。 ある企業では、それほど差のない企業もあります。 しかし平均すると、給料が普通より安い場合が殆どなのです。 その点については、知っておいた方が良いと思います。